カッコウ・金沢市犀川・06/06/03


→カッコウの鳴き声・河北潟2014/05/25

日本の鳥で自分で自分の名前を鳴きながら告げるのは
カッコウとジュウイチだけです。(鳥のこと2参照。)
カッコウの仲間は託卵といって、他の鳥の巣に卵を産みつけ
仮親に育ててもらう変わった習性があります。
渡りの季節がくると、我が子の顔も見ず、サッサと帰ってしまう
無責任ぶりです。豊かな自然が残り仮親がいっぱいいないと
カッコウは生きていけません。
仮親に見つからないように留守の間に数秒間で
産んでしまうそうです。びっくりするような安産!
お産をする人は、安産だという犬にあやかって
犬の日に水天宮にお参りして、犬帯をもらってくるそうですが、
これからは、カッコウの日にカッコウにお参りしたほうが、
ゼッタイ、安産!夏鳥、L35cm
Canon EOS Kiss Digital N+TAMRON SP AF200-500o

巣立ち間近のヒナはこちら